薬学部が増えたことにより、薬剤師の将来にどんな影響があるの?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師の資格があれば、将来安泰なの?

薬剤師の国家資格を持っていると、たくさんの職場に恵まれます。製薬会社、企業、病院、ドラッグストア、調剤薬局などいくらでも職場はあります。

倍率の高い製薬会社の研究職を除くと、どこも薬剤師の人材不足が深刻だと言われています。


地域格差があり、都心部ではそれなりに薬剤師さんが多いのですが、地方に行くとまだまだ他人材不足です。

ですから、現在のところ薬剤師さんは「売り手市場」といって間違いありません。でも将来的には、いったいどうなるのでしょうか?

今のまま「薬剤師の資格さえあれば、将来安泰!」となるとは、限りませんよ。現在は、需要に対して薬剤師さんの人数が少ないと言われています。ただ、大学の薬学部は6年生となり、次々に学部が新設されています。


つまりどんどん卒業生が社会に出ますので、このままいくと将来的には薬剤師さんの供給過多になると言われているのです。このまま薬剤師さんの人数が増えれば、2028年には、約41万人になります。

それに対して日本に必要な薬剤師さんの人数は、約28万人程度です。つまり約13万人もの薬剤師さんか職にあぶれてしまう可能性があるのです。これはあくまでも現時点での、予測にすぎませんので過剰に心配する事は無いのかもしれません。

ただ事実として、大学が次々に薬学部を新設して、たくさんの薬剤師さんを誕生させています。

そのため、将来薬剤師の資格さえあれば、絶対に安泰だとは、断言しきれないのです。ですから、今の条件の良いうちに納得のいく職場を見つける事が大切です。


今の時点で定年まで働ける条件の良い職場に出会っていれば、2028年度にたとえ薬剤師が供給過多になったとしても安泰です。しかも今は、薬剤師さんの需要がたくさんありますので、条件の良い職場が多いです。

でも、「どうやって条件の良い職場を見つければよいのかわからない」と言う人もいます。


確かにハローワークに行っても、簡単な説明しかないので本当のところは良くわかりません。そこでお勧めしたいのが、「薬剤師求人サイト」です。

薬剤師求人サイトは、無料でありながらとっても充実したサービスを提供しています。まずは何と言っても、求人数が多いことです。非公開求人を含む、
多くの求人を掲載しています。

もちろん正社員だけでなく、週1からのアルバイトや、夜間バイト、パートなどの求人も沢山あります。薬剤師求人サイトは、求人数がとっても多いですから、納得のいく職場に出会える確率が高いです。

今のうちに良い職場を見つけておくと、将来薬剤師供給過多になっても、怖くありませんよ。下記でも、人気の高い薬剤師求人サイトをたくさん紹介しています。ぜひ参考になさって下さい!



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。