30代はいろんな理由から転職する薬剤師が多い年代だね。

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

30代の薬剤師の転職、注意点は?

30代薬剤師薬剤師が転職を考えるきっかけとして、「職場環境がよくない」「家庭の事情ができた」といったものは女性薬剤師に多く、男性薬剤師の場合「やりがいのある仕事をしたい」といった理由が多く聞かれます。

そのほかに多く見られるのは「年収」の問題。特に30代の薬剤師の方が、この年収を理由に転職活動を始めるケースが多いのです。その背景を探り、30代での薬剤師転職の注意点を確認しましょう。

国家資格が必要な薬剤師の年収は、ほかの業種と比較して高めと言われ、平均して500万円前後です。


20代でこの年収を得られれば満足できそうですが、30代を過ぎてこの年収だった場合、果たしてどうでしょう。同じ薬剤師でも製薬会社で働く場合、昇給の機会がいくらかありますが、ドラッグストアや調剤薬局に勤める場合には、機会がそれほど多くありません。

30代後半から徐々に年収増加が減り、40歳で頭打ちとなってしまうことは珍しくありません。そのため、長く勤めている40代の薬剤師と、20代の薬剤師のお給料にそれほど差がないというケースも見られます。


30代といえば、多くの方が結婚・出産を経験する時期です。子供が増えればどんどん必要なお金も増えていきます。家計に余裕がなくなってきて「今の職場でこの先やっていけるだろうか」という問題が頭をもたげてくるのです。

このような背景から、30代で薬剤師転職を考える方が多くいますが、この頃にはだんだんと業界の勝手にも通じてきて、薬剤師転職サイト選びでも、クチコミなどの情報を的確に得ることができることでしょう。


クチコミの信頼性については、慎重に吟味する必要があります。現実的な情報もあれば、個人の感情による投稿も見られ、転職活動の成否に左右されやすいためです。

利用サイトを最初から絞り込むのではなく、複数のエージェントに登録して、担当者の対応や求人情報の質などを確認してから相性を確認する方法もおすすめします。

気になる求人情報があれば、職場環境や離職率の状況など、求人票には載っていない情報についても、コンサルタントに確認していきましょう。


30代の薬剤師転職では、20代よりもさらに「信用度」が重視されるようになります。これまでの経歴や人柄とともに、「ひとつの職場への継続勤務年数」といった要素も考慮され、長く勤めていればそれだけ信用度も高いと考えられます。

さらに、薬剤師としてのキャリアを高められる資格を取得したり、異なる分野でのキャリア経験があれば、転職希望先によってはプラス要素として捉えられることが多いでしょう。


薬剤師の仕事は、製薬会社、病院、調剤薬局、ドラッグストアなど勤務先によって大きく異なり、それに伴って年収も変わってきます。キャリアプランをある程度考えておき、未経験職種にチャレンジするなら、30代までにしっかり準備をしておくことが大切です。


30代の薬剤師転職に強い求人サイトは?



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。