企業薬剤師の求人先は人気が高いよ!その理由とは?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

企業薬剤師、求人先と年収は?

薬剤師の求人先といえば、薬局、ドラッグストア、病院などをイメージしますが、実は企業で働く「企業薬剤師」も多く存在します。

製薬会社はその代表的なものですが、そのほかにも様々な業種の企業を検討することが可能です。


近年、薬剤師免許を持つ方の一般企業への転職は増加していると言われます。特に人気なのは、医療品、化粧品、健康食品などを扱う企業の品質管理の仕事です。

その背景として、薬剤師の免許取得者が増加傾向にあり、その就職状況は今後買い手市場へと変化することが見込まれており、こういった雇用の動きを反映して、即戦力が望まれる調剤職よりも一般企業へと、求人先が流れていると考えられます。



企業薬剤師が行う仕事としては「研究・開発」「MR(営業職)」が主なものとなり、他に治験や学術分野に関わる仕事や、管理薬剤師としての仕事があります。

研究・開発の仕事では、薬について研究を行い、新薬を開発します。企業薬剤師の中でも最も薬剤師としての能力を生かせる仕事とも言えますが、高い学歴も求められる職種です。

企業薬剤師で最もポピュラーなのがMR(Medhical Representative 医薬情報担当)です。病院や薬局に対し薬の情報提供、新薬の広報活動などを行います。

営業職とはいえ、扱う商品は人の健康・生死を左右する医薬品であるため、正確な情報をもたらし、正しい流通を導く義務があります。

治験とは、新薬の治験データを収集、分析し、流通の許可を求めていく仕事で、ここでも薬剤師としての知識が欠かせません。

学術分野では、海外の文献を翻訳して、企業内で利用できるようにするという作業を行うため、語学の習得が必須となります。管理薬剤師の仕事では、企業の薬品品質・在庫管理や啓蒙活動などを行います。



企業薬剤師は、一般的にその給与が高めであるのが特徴であり、一般的な薬剤師の年収500万円前後に対し、大手企業では、30代でも1000万円を超える職場もあります。

しかし、日々の業務をこなしていては給与は保証されず、成果主義である場合が多いため、モチベーションと実力が重視されます。

他の社員同様、企業の業績が悪化すれば給与削減やリストラの可能性もあり、職種によっては転勤も考えられます。特に家庭との両立が必要な女性にとっては、厳しい労働条件であることが多いようです。



職種によっては、事前にクリアしなければならない資格条件もありますが、企業薬剤師への転職を検討する場合には、薬剤師専門の転職支援サイトを利用してみましょう。

非公開求人情報を含め、色々な求人を比較して、自身に合った職種を検討できます。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。