派遣で働くメリットは意外と多いんだね

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師の派遣という働き方、メリットとデメリットは?

「薬剤師になれれば高収入間違いなし」と思い込んでいる方もおられるかもしれませんが、一概にそうとは言えず、いざ薬剤師として就職してみたけれど給与や待遇に不満を抱く人が多いという統計があります。

確かに、一般的なサラリーマンの平均年収と比べれば、100万円ほど高いというデータはありますが、何年間も薬学部で学び国家資格を取得しているにも関わらず、一般サラリーマンと年収にして100万円ほどしか差がないというのでは、これまで費やしてきた学費や苦労を考えると間尺に合わない、と不満を抱く人がいるのも当然かもしれませんね。


そんな給与面に不満を抱く薬剤師資格を持つ方が薬剤師としての資格&スキルを活かす働き方として選ばれているのが「派遣という働き方」です。

ですが、正社員やアルバイトで働くのと比べて本当に派遣という働き方は、お得な働き方なのでしょうか?ここでは、薬剤師の派遣という働き方の、メリットとデメリットについて考えてみたいと思います。


【メリット】

・賃金が高い(時給ベース換算なら、正社員より高給です)

・基本的に定時で退社できる(薬剤師の場合、残業代や休日出勤手当を出すとなると高額なので雇用主の方もなるべく定時で退社させようとする)

・職場の雰囲気が合わないと思っても、正社員に比べて辞めやすい

・派遣会社を通すことによって実際の職場の雰囲気などを教えてもらうことができるなど、給与や待遇面以外でのミスマッチも最小限

・中小の調剤薬局・ドラッグストアでは正社員であっても、社会保険・労災に加入していないところがあるが、中堅以上の派遣会社なら社保・労災に加入している。


【デメリット】

・時給ベースだと正社員よりも高額となるが、派遣の場合賞与が出ることが殆どないので、年収として考えた場合、正社員と変わらなかったり、働き方によってはそれ以下という可能性もある

・職場に慣れてきて、このまま働きたいと思っても更新されないことがある(=安定がない)

・中小の派遣会社だと、福利厚生の待遇がよくないことがある。



このように、薬剤師として派遣で働くにもメリトット&デメリットがありますが、就職先(派遣先)と直接勤務時間などについて面接するというよりは、派遣先の担当者が条件面について交渉してくれることが多いので、ライフスタイルに合わせて働きたい、という人には派遣という働き方は「働きやすい」とも言えるかもしれませんね。

派遣薬剤師として働きたいという方は、薬剤師専門の転職支援サイトに登録すれば、派遣での仕事を紹介してもらえます(この辺は通常の派遣会社と同じですね)。

また、よりよい条件の仕事を紹介してもらうにも複数の転職支援会社に登録することをオススメしますが、上記の通り、中小の会社だと福利厚生がしっかりしていないところが多く、不安がつきまといます。

下記で紹介している大手の転職支援会社に登録することをオススメします。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。