転職を考えている女性薬剤師さんへ!

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

女性薬剤師のための転職アドバイス

看護師ほどでないにしても、女性の比率が依然として高い医療系の職種が薬剤師です。もっとも、近年では男性の比率も高まってきましたが、それでも6割は依然女性です。ですが、なぜ薬剤師はこれほど女性に人気があるのでしょう?


一つには立ち仕事などはあるものの、基本的に肉体作業がなく、知的能力・コミュニケーション能力が重視される仕事であるため、女性でも働きやすいことが挙げられます。

加えて、薬学部はいまだに女子学生に人気が高いこと、一度資格を取ってしまえば、結婚や出産を理由に退職したのちも、職場復帰しやすいということも大きいでしょう。ご存じのとおり、一般の女性社員は一旦退職してしまうと、正社員として職場復帰しづらいという日本独特の雇用環境もあるからです(最近では少しずつ変わってきていますが)。


古巣の職場への復帰はもちろん、転職しやすいのも薬剤師の魅力です。出産・育児に理解のない職場なら、無理せず勤務先を変更できるのは働く女性にとって大きなメリットです。もちろん、自分のスキルアップを目指しての転職や、よりよい待遇、職場環境を求めての転職も大いにあります。


仮に、今は結婚や妊娠などの理由により転職を考えていなくても、今後のためにある程度プランニングしておく必要はあるでしょう。

まず結婚や妊娠後、出産後も薬剤師として働きたいと考えている場合には、家からの近さや通勤のしやすさがポイントです。


まだ結婚などの予定がない場合、どこに住むかなんていうことを想像するのは難しいかもしれませんが、予定のある人はそのあたりも考慮して転職先を決めたいですね。


さらに大切なのが、妊娠や出産、育児に伴うサポートや理解があるところを選ぶということです。

法律上、出産前休暇や育児休暇を取ることが認められていても、実際は規模が小さく代わりの薬剤師がいない、過去に休暇取得実績がなく取りづらい雰囲気にある、ということはあります。


そういった情報は転職前にはなかなかてに入りにくいので、薬剤師専門の転職サイトや転職エージェントを介して情報を収集しましょう。大手のほうがそういった制度が整っていますが、個人経営の薬局でもきちんと理解のあるところはあります。

将来、結婚、出産の予定、希望を伝えておくことで、それにあった転職先を紹介してくれるでしょう。


特に地方の薬剤師が不足している地域では、そういった条件のある女性でも比較的よい条件で雇ってくれます。それほど薬剤師が不足していること、女性ならではきめ細やかな仕事を評価して女性薬剤師を求めているところも多くあるのです。

こちらが希望すればパート勤務での就業が可能なところも多いので、育児をしながらの仕事もしやすいのも魅力と言えます。

結婚前まではフルタイムで働き、結婚や妊娠を機にパートタイムで働くことを認めてくれるところもあるので、そういった点も相談しておくとよいです。


また、女性の場合は高齢でも転職先、再就職先が見つかりやすいです。地域によっては50歳くらいまでなら、比較的簡単に見つかります。実際、60代で転職された方も少なくありません。


もし薬剤師の資格を持っていて活かしたいと考えている方は、一度探してみてはいかがでしょうか。相談もできる薬剤師の転職情報はこちらで確認できます。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。