子育ても仕事も頑張りたい薬剤師ママさんへ!

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師ママ、子育てと仕事の両立

薬剤師と活躍されている女性の中には、妊娠、出産を機に職場を退職したり、休暇を取ったりした経験がある方が多くいらっしゃいます。フルタイム勤務で復帰する方も多いですが、フルタイムでの勤務が難しくなりパートタイムで働く人も少なくありません。


仕事中は保育園に預けるなどしていても、やはり子どもですから体調を崩したりして迎えに行かなければならなかったり、一緒に休んで看病しなければならないこともあるからです。

もちろんやむを得ないことですし、そういったことで仕事を休むことには職場の理解を得られたとしても、結局こちら側は申し訳なく感じて、退職したりパートタイムに切り替えることもあるのが現状と言えます。

今後子育ての予定があったり、職場復帰の可能性がある場合は、あらかじめそういったことを考慮して職場を選んだり、転職しておきたいものです。


それでは、薬剤師ママが子育てと仕事を両立させるためにはどういったことに気をつければ良いのでしょうか。


●自宅から近い職場を選ぶ

住んでいる地域の状況などで難しい場合もあるでしょうが、やはり子育てとの両立にはなるべく自宅と職場が近いほうがよいでしょう。子どもが小さいうちは体調不良による早退や休み、通院などが案外多いものです。

●育児休暇実績や子育てと両立しながら働いている薬剤師がいる(いた)ところを選ぶ

法律で育児休暇などが定められていても、実際は取りづらい状況や雰囲気の職場はあります。実績のあるところであれば理解も得られやすいですし、こちらが変に気にしすぎて心労を患う可能性も低いと言えるでしょう。

●残業がない、パートタイムを認めてくれるところを選ぶ

必ずしも毎日残業なしで帰るというのは難しいでしょうが、できるだけ残業が少ない診療科の薬局や職場を選びましょう。子育て中はパートタイムのほうが、お互いに仕事しやすい場合も多いです。

●託児所のある職場を選ぶ

これはまだまだ整備されていないのが現状ですので、難しいかもしれませんが、もし近くに託児所のある職場があるのであればそれを利用するのもよいですね。大きな病院などでは託児所併設のところも多いです。

ただ妊娠、出産前から働いていないと就職が難しいことも多いので、そういった予定がある人は早めに転職を考えたほうが良いかもしれません。


これは子育てとは直接関係ないかもしれませんが、収入額を調整してくれるところも働く側としてはありがたいです。

例えば夫の扶養には入れず、税金や社会保険の負担が大きいため、パートタイムの収入の実際の手取りがかなり小さくなることです。そうであるならば、扶養内で働かせてもらうか、思いっきり働かせてもらったほうがよくなります。


特にそれまでフルタイムで働いていると、子育てと両立しながらの収入に不安を抱える人は多いものです。なかなかはじめからこのあたりの話までするのは難しいかもしれませんが、転職エージェントに相談するなどして情報を集めておきたいですね。

薬剤師ママにもおすすめも転職情報はこちらで確認できます。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。