結婚や出産、女性の転職タイミングって?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師、女性の転職のタイミング

女性の多い資格のひとつとして挙げられる薬剤師ですが、転職などにも有利なため、6年制になったとはいえ今でも資格習得を目指す女性が多いです。

都市部などでは薬剤師は飽和状態になり、求人も少なく転職がしづらいと言われていますが、全国的にはまだまだ足りていないと言われています。


薬剤師が不足している地方では高待遇な求人も多く、週休2日、夜勤なし、残業もほとんどなし、といった環境で働けるところも少なくありません。そういったことから、よりよい待遇を求めて転職をする人が多い職業でもあります。


特に新卒で病院薬剤師や大手の調剤薬局などに就職し、夜勤、残業などもこなしてバリバリ働いていても、結婚や就職を機に転職を考える女性は多いです。

結婚すれば家庭のこともやらなければならないし、夜勤や残業は家族の理解や協力なしではできません。

国立病院や大手調剤薬局ともなると、県をまたいだ転勤の可能性もあるので、そのあたりを考えての転職もやむを得ないこともあります。


結婚、出産を機に転職を考えるにはいくつかのタイミングがあります。

①結婚後も働き、妊娠もしくは出産のタイミングで辞める。転職は育児が落ち着いてから。
②結婚、妊娠後も働き、育児休暇後職場復帰し、しばらく働いてから転職する。
③結婚後早い段階で結婚していても働きやすい職場に転職し、そこで妊娠、出産を迎える。


①のメリットは明確な理由があって退職しやすい、デメリットは出産手当や育児手当がもらえないということでしょう。雇用保険に入っていれば、そちらはもらえますが、収入の大幅な減少は避けられません。


②のメリットはなんといっても収入や安定性があります。しかしはじめから少し働いて辞めるつもりで育児休暇を取得するのはやはり、
社会的にも人間的にもあまり認められないでしょう。

薬剤師会など横のつながりがあるので、よほど遠くの職場に転職するというのでなければ、よくないウワサを立てられるかもしれません。

③は実際の経験者も勧める方法です。ただし転職後すぐに妊娠してしまうと仕事がやりづらいかもしれません。またパートなどに転職した場合は、育児手当などはないのでそのあたりも考えておきましょう。


それでも結婚や妊娠などの状況は人それぞれでしょうから、色々な方法があると思います。薬剤師の転職専用サイト運営会社などでは、そういった相談を受け付けてくれたり支援してくれるところもあるので、利用してみるのも手です。

こちらのサイトで紹介されています。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。