処方箋が無くても買えるお薬のことです!

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

家庭用医薬品(一般用医薬品)とは?

「家庭用医薬品」とは、医師が作成した処方箋が無くても、薬局等で購入することができる医薬品のことです。「一般用医薬品」や「市販薬」とも呼ばれます。

また、薬局等のカウンター越しに手渡されること多いため、英語の「Over The Counterdrug」の頭文字を取った「OTC医薬品」という呼称もあります。これに対して、医師の処方箋が無ければ購入することができない医薬品を「医療用医薬品」と呼びます。


家庭用医薬品は、医師の処方箋が不要であることからも解るように、有効成分の含有量は、医療用医薬品の半分から三分の一程度であり、その効能は比較的穏やかで、副作用の心配も低いものが多いです。

しかし、気軽に購入できるとはいえ、人間の体は一人一人特徴があるため、自己判断で購入するのではなく、薬局において、症状や体調について薬剤師の方に相談して、自分に合った医薬品を判断してもらうのが望ましいといえるでしょう。


家庭用医薬品(一般用医薬品)については、2009年6月から、販売制度が一部改正され、薬の副作用のリスクによって、下記の3つのグループに分類されています。

①第一類医薬品:その副作用により、日常生活に支障をきたす健康被害が発生する恐れのある医薬品であり、厚生労働大臣がその使用に関して特に注意が必要であると指定するもの。

②第二類医薬品:その副作用により、日常生活に支障をきたす健康被害が発生する恐れのある医薬品であり、厚生労働大臣が指定するもの。

③第三類医薬品:日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が発生するおそれがある成分を含むもの。


第一類医薬品と第二類医薬品の表現が微妙ですが、要は、より副作用のリスクの高いものが第一類医薬品ということです。

上記のうち、第一類医薬品については、そのリスクの高さから、販売時の情報提供は、国家資格を持つ薬剤師が行わなければなりませんが、第二類医薬品、及び第三類医薬品については、各都道府県が実施する試験に合格した「登録販売者」という専門家がいれば販売が可能になりました。


家庭用医薬品(一般用医薬品)の約9割は、第二類医薬品、及び第三類医薬品が占めていますが、最近では、医師の処方箋がなければ購入不可能であった医療用医薬品の中で、処方箋無しでも購入可能と判断され、一般用医薬品に変更された「スイッチOTC」と呼ばれる医薬品が増加傾向にあります。

患者さんの話を聞いて、より正確な医薬品の情報を伝え、安心して医薬品を使用してもらう手助けをすることが、薬剤師や登録販売者に求めらていると言えるでしょう。




 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。