6年制になったことで、現役薬剤師に何か影響がでる?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師の疑問、薬学部はなぜ6年制になったの?

薬剤師を養成する為の薬学教育は、平成18年度の学校教育法改正により、従来の4年制から6年制に変更になりました。これに伴う薬剤師法の改正により、薬剤師の国家試験を受験できる前提として、原則6年制学部・学科の卒業者であることが求められるようになりました。

そもそも、なぜ薬学部教育は6年制に変わったのでしょうか。


大きな要因としては、薬学そのものに対する社会状況の変化が挙げられます。簡単に言うと、医学・薬学に携わるために最低限必要な知識のレベルが向上して、習得すべき知識の量が4年制のカリキュラムでは収まらなくなってしまったから、という訳です。

要因の例としては、

①生命科学や医療薬学の発達による、習得必要な科目の増大
②医薬分業(チーム医療)の急速な浸透による、薬剤師の業務・責任の増大
③病院薬局実習導入によるカリキュラムの過密化
④医師や患者の方とのコミュニケーション能力の必要性増大
⑤課題発見能力・問題解決能力・実践力の必要性増大
⑥豊かな人間性や、高い倫理観、医療人としての教養がより求められるようになった

などが挙げられます。


今までのような脇役的な存在ではなく、薬学の知識を活用して積極的に治療に関わり、患者さんに対して「どういった薬なのか」「どう使えばいいのか」をしっかり説明し、医師に意見を述べることができるような知識とコミュニケーションスキルを持つ薬剤師が求められるようになり、その育成のために、4年間の勉強では足りない時代になってきているのです。

中でも、6年制になったことによる違いで重要なものは、病院や薬局等で行う実務演習期間が大幅に延長されたことです。従来の実習期間が2~4週間だったのに対して、6年制カリキュラムに置いては、約半年にあたる24週間程度が病院実習・薬局実習に充てられています。

この実習期間延長により、学生は机上での知識だけでなく、現場で医師や患者さんと直に接することによって、より実践的な知識・対応力を培うことが可能になります。


又、この実習期間において、医師や患者さんと直に接する機会が増えることにより、薬剤師としてだけではなく、社会人・医療人としてもコミュニケーション能力を高めることも可能になります。現場で病気と闘っている患者さんの立場になって考えるよい機会にもなります。

薬学部が6年制になったのは、それだけ薬剤師が社会に必要とされる度合いが高まったと同時に、薬剤師に求められる教養・素養のレベルが上がったことの裏返しと言って良いでしょう。




 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。