経験を活かして、40代薬剤師が活躍できる職場に転職しよう!

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

40代の薬剤師転職、注意点は?

40代ともなると、薬剤師の方も家庭も持ち、職場においてもそれなりのポジションにいらっしゃる方々が多いことでしょう。そんな中で転職を考えるということはかなり勇気がいることです。失敗しない為にも、どのような点に注意すればよいでしょうか。


40代薬剤師薬剤師の場合、国家資格を保持しているので、他の職業に比べると、ハードルは幾分か低くなるとはいえ、40代での転職において問題になるのは、やはり年齢面です。30代のときとは異なり、新しい業務に対するスキルを身につけるためには年齢が高すぎると判断される傾向にあります。

40代での薬剤師転職において最も強力なアピールポイントとなるのは、「経験」と「即戦力」という2点と言えます。


勤務していた薬剤師が突然都合で退職してしまった、というような状況の場合、会社側としても、わざわざ経験の少ない人材を雇用して一から教育して・・というような余裕はありません。今日からでもすぐに来て現場を切り盛りしてもらいたいというのが本音なので、経験豊富な人材は重宝されます。

薬剤師の職種の中でも、最近になって需要が高まってきたもの、例えばCRC(治験コーディネータ)や、MR(医療営業)といったものは、職種自体の歴史が浅い為、それほど経験を問われることはないと言われていますが、実際は経験者ではないと難しい職種です。


例えば、CRCやMRに携わってきた方が年収アップを念頭に、別の製薬会社に転職する場合に限っては、40代からの転職でもスキル面・即戦力面から充分アピールができるので、転職も可能でしょう。

薬剤師の場合一般的に、40代を過ぎると給料はほぼ頭打ちの状態になると言われています。ですが、製薬会社のMR等は40代で1000万円近い収入の方もいますので、収入面では確かに魅力的ではありますが、いままで調剤薬局で働いていた方が40代になって、経験もしたことのない製薬会社への転職は極めて難しいと考えるべきです。

やはり、調剤薬局など調剤に携わる業務を長年行ってきたのならば、そのスキルを活かせる職場への転職が理想的ですし、比較的転職しやすいと言えるでしょう。


前述しましたが、40代の転職は30代と違い、かなり厳しい現実があり、40代で転職を成功させるには、即戦力となり得る人材か、という点が重要視されます。

40代の転職成功者は、大抵が、即戦力になるスキルの持ち主です。正直言って、40代になって現在の職場で居場所がないなどの理由で転職を考えても、より条件のいい転職先はまず見つからないでしょう。要するに、40代の転職で大切なのは、これまで培ってきたスキルがいかほどのものか、ということなのです。


例えば、「管理薬剤師」は40代の転職成功者に多い傾向がみられます。管理薬剤師は職場の管理者なので、上司として職場をまとめるコミュニケーションスキルが必要とされます。この点では20代・30代の方よりも、40代の経験豊富な人材が適していると判断されるからです。更に、管理薬剤師は収入面でもレベルアップするので、40代の転職には申し分ないでしょう。


以上、40代薬剤師の転職について一般論を述べましたが、やはり転職は個人の資質や能力・性格などが大きく影響するので、上で述べたことが当てはまらないケースも多々あります。転職情報のリサーチはネットだけだと、どうしても限界があります。

転職支援サイトに登録して、転職エージェントから直接アドバイスを受け、今後のキャリアプランを考えるのが一番でしょう。以下では、40代薬剤師の方にオススメの転職サイトを紹介しているので、よかったら参考にしてください。

40代の薬剤師転職に強い求人サイトは?



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。