製薬会社に転職を成功させた薬剤師さんは沢山いますよ

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師、製薬会社への転職の注意点は?

薬剤師の職種で求人が多いものといえば、調剤薬局、病院、ドラッグストアが挙げられるでしょう。しかし、最近では製薬会社等の企業への転職を希望される薬剤師の方も増加しています。

以前から薬事法によって、製薬会社には管理薬剤師を置くことが義務付けられていましたので、求人自体は存在していましたが、製薬会社への転職を検討する場合、どのような点に注意すればよいでしょうか。

まず始めに注意してもらいたいことは、年齢です。


薬剤師の求人ニーズはあるとはいえ、30代と40代以降では転職のしやすさに格段の違いがでます。40代以降は若い人が持っていないスキルを充分に備えていなければ、良い条件への転職はかなり厳しい現状があります。

製薬会社への転職を希望されているのであれば、早めの就活をオススメします。

一般的に製薬会社で勤務する薬剤師は収入が高いというイメージがあります。実際その点を重要視して、製薬会社への転職を希望される方もいらっしゃいますが、求人数という面から見れば、調剤薬局、病院、ドラッグストアに比べるとかなり少ないと言わざるを得ません。


製薬会社で薬剤師の活躍できる職種は、冒頭に挙げました「管理薬剤師」は基より、「MR(医療情報担当営業)」「DI業務(医薬品情報管理業務)」「コールセンター業務」「品質管理」「PSP(新薬の市販後調査)」「治験」「臨床」「研究、開発」などがあります。

中でも薬剤師にとって魅力的な「研究、開発」は、大学院卒業が前提条件で、かなりの狭き門です。

それゆえに、転職の場合、プラスαとなるスキルは必要不可欠です。例えば、受託臨床試験実施機関又は、治験実施施設管理機関などに勤務し、新薬研究開発の経験や知識があれば、製薬会社の研究職への転職も可能性はごく僅かではありますが、全く不可能ではありません。逆にこれらのキャリアがなければ研究開発職への転職はまず無理でしょう。


また、治験や臨床業務に関しては、英語を使うことが多いため、語学力が前提条件となります。

そして、中でも近年増加傾向にあるのが「MR」です。ただ、営業職の濃い仕事なので、コミュニケーションスキルが絶対的に必要とされます。ですから、対人関係が苦手な方には不向きと言えるでしょう。

また、薬剤師の資格保持者でMRの仕事をされている方はいらっしゃいますが、基本的にMR職に薬剤師の資格は必要ありませんので、それだけに求人が殺到する傾向がみられます。そして、どちらかというと経験者が優遇される傾向が強く、募集も少なく、年齢制限もあります。


製薬会社でのポストに多い、管理薬剤師は、自社の医薬品について、MR等から報告される品質・安全性等の情報を収集、管理して、文書等に取りまとめたりする作業や、新たな医薬品の申請に関する事務処理等を行うもなので、デスクワーク中心の作業になります。

ですから、対人関係が苦手だと言う方には比較的向いていると言えます。しかし、書類作成等が多いので、ビジネスライティングのスキルも必要とされますから、そういった能力の習得は欠かせません。

製薬会社への転職においては、今までどのような業務をやってきたのか、どの分野のスキルに長けているのか、どの程度の経験があるのかということは非常に重要視されますので、自分が自信を持ってアピールできる強みに、更に磨きをかけておくことが大切です。


また、製薬会社で勤務する場合、福利厚生等についてはしっかりしているところが多く、土日祝日は休みの所が多いです。プライベートの時間を充実させたいという方はこういった部分もリサーチしておくことが大切です。

調剤薬局やドラッグストア等と異なり、製薬会社での募集人員は少なく、非公開求人という形式を取る企業も少なくありません。また、求人募集に秋採用というのもあります。これは、一般企業ではよくあることで、製薬会社でも実施しているところはあります。

秋採用とは、補欠要因ではなく優秀な人材を揃えたいという企業の願望から行われています。これは、転職希望者にとってはチャンスの一つでもあります。ただ、製薬会社が毎年秋採用を必ず実施するとは限りませんので、常に情報には敏感になっておく必要があります。


製薬会社への転職に興味ある方は、下記のサイトが参考なります。非公開求人や季節採用などの情報を入手できるので、良かったらご覧になって下さい。




 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。