派遣薬剤師という働き方

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師の紹介予定派遣、そのメリットは?

昨今、ワーキングスタイルの多様化に伴い、雇用形態に関しても正社員以外のパターンが増加傾向にあります。時間勤務のパートタイマーや、期間限定勤務の派遣社員等が代表的なものですが、そんな中で最近、薬剤師の世界でも「紹介予定派遣」という名の求人を目にするようになりました。

紹介予定派遣とはどんなもので、通常の派遣と比較してどのようなメリットが存在するのでしょうか。


紹介予定派遣とは、相手側の会社に雇用する事を前提として派遣を行うことを意味します。

派遣社員の方は通常、派遣会社の社員として雇用契約を結んでいる訳ですが、紹介予定派遣の場合は、一定期間(最大6ヶ月)の派遣期間の後に、派遣社員の方と派遣先企業の両者が合意した場合、雇用契約が派遣先の会社との契約に変更されることになります。

紹介予定派遣のメリットとして最も大きなものは、やはり派遣先の職場に実際に勤務した上で雇用契約を結べるという点です。

職場の勤務形態や、業務内容等が自分に合わないと判断した場合は、派遣期間のみで終了という選択枝もあります。


また、離職の大きな原因の一つに挙げられる「職場における人間関係」についても、実際に勤務して派遣先の社員の方々と直に接することができるので、事前にじっくり判断することが可能です。

これにより、就職後の理想とのミスマッチによる退職という事態が起こりにくくなります。

他にも派遣期間中に、給与や勤務条件当について、派遣会社のサポートを受けられるという点も心強いものです。派遣会社によっては紹介予定派遣期間中に、研修や教育を受けさせて、更なるスキルアップを支援してくれるところもあります。


派遣先の企業側としても、いきなり正社員として雇用するのではなく、派遣社員の方の働きぶりや勤務態度等を見極めて、適正である人材と判断した場合には、派遣期間終了の段階で直接雇用契約を結ぶことが出来るため、紹介予定派遣はありがたい制度と言えます。

ですが、紹介予定派遣制度にもデメリットはあります。

まず派遣期間終了後に、直接雇用を見送られた場合、その職場での継続就業はできません。他の職場に移らざるを得なくなります。派遣社員側が派遣期間中に企業側を見極めることが出来るのと同様に、企業側も派遣社員が正式雇用に足るかどうかを厳しくチェックしていることを忘れてはなりません。


派遣期間中に、「この企業で正社員として働きたい!」と思ったら、企業側の評価が高まるように努力することが必要です。

紹介予定派遣に関する求人情報については、下記のサイトで詳細な情報を確認できます。一度ご覧になることをお勧めします。




 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。