薬剤師が感じる仕事の大変さとは?

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師の辛さ・キツい点は?

今の世の中、何の精神的・肉体的疲労もなくお気楽にできる職業など、どこにもありません。薬剤師とてそれは同じ事ですが、薬剤師という職業によく見られる辛さやキツさにはどのようなものがあるのでしょうか?


薬剤師は、一般的に「売り手市場」と言われており、他の職業に比べると羨ましく思えるかもしれませんが、1つの職場への定着率という観点から見ると、他の職業よりもかなり低いです。それだけ替りの職場が多いということですが、加えて過酷な職業であるとも言えます。

まず、肉体的な辛さ・キツさに関しては、勤務体系が当てはまるでしょう。ドラッグストアや、病院薬剤師の場合は、シフト勤務が常識ですから、仕事をする時間帯と体のリズムとが乱れがちになることは往々にあります。


残業についても調剤薬局によっては、朝9時から夜9時、10時までが当たり前、という厳しい条件の所も多いです。薬剤の世界は日進月歩で進化していますから、新薬に関する情報の収集等も怠るわけにはいきませんし、在庫管理、帳簿管理といったような作業もあわせて行う必要があります。

ただ、同じ薬剤師でも、病院の横にある門前薬局のような所は、基本的に病院の診察時間に合わせた勤務時間を取っているので、それほど長時間残業が発生するということもないでしょう。肉体的な疲労という意味では、職種によってバラツキがあるというのが特徴です。


次に、精神的な面での辛さ・キツさという点ですが、病院や門前薬局の薬剤師は、やはり薬の調合等の作業での緊張感・プレッシャーというのが一番大きいでしょう。患者さんの命に関わる問題ですから、ストレスは並々ならぬものがあると言えます。

また、患者さんとのコミュニケーションにおける辛さ・キツさも挙げられます。

患者さんはどうしても精神的に余裕がないことが多いので、薬の調合の問題で、受け付けた順番と、薬をお渡しする順番が変わったり、薬の内容説明で納得がいかないような場合、時には言葉激しく当たる患者さんもいますので、そういった点でストレスを感じる場合もあります。


対患者さんだけではなく、職場内での人間関係で生じるストレスも当然ありますが、これは薬剤師に限ったことではなく、どんな職種にも当てはまることですね。

ですが、このような辛さ・キツさにも関わらず、薬剤師になる方が多いのは、収入的に安定しているということもありますが、前述したように「人の命に関わる仕事をしている」という誇りがあるからです。


自分が感じている肉体的・精神的な辛さの先にある、患者さんたちの笑顔を感じて、薬剤師の方々は日夜頑張っているのです。医師や看護師同様、このような誇りを持って望める職業はなかなかありません。

 薬剤師の転職サイト、おすすめランキング




 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。