薬剤師の役割はさまざまあります

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師がチーム医療で求められる役割

以前は、医療現場の中心は医師であり、その傘下に医療従事者がいるという縦型の医療現場であったがために、医師以外の様々な医療スペシャリスト(看護師、理学療法士、栄養士、薬剤師など)の専門的知識が有効に発揮できないという問題がありました。


それが改善されたのが、現在の「チーム医療」です。

チーム医療の中心は患者さんであり、患者さんに最善の医療を行えるように、それぞれの専門的立場から意見交換しながら患者さんに最適な医療方針を立てていくのが、チーム医療の基本的な考え方です。

このチーム医療は患者さんの症状を各分野から的確に捉えられるメリットの他に、各分野のスペシャリストのサポートによる医師の負担軽減とメリットも含まれているので、全ての面において有効的かつ効率的な医療体制と言えるでしょう。


チーム医療での薬剤師の役割は色々あります。例えば、患者さんに投薬した際の効果や副作用を看護師に事前に伝えることで、看護師は看護計画を立てやすくなります。

また、看護師から患者さんの症状を聞くことで、医師に対して薬剤の提案をするのも薬剤師の役割です。

また、チーム医療にも色んな種類があり、その活動内容によって薬剤師の役割も変わってきますので、いくつかご紹介してみましょう。


【NST活動】栄養管理が必要な患者さんのための栄養支援チームです。

患者さんの中には、栄養管理が最重要課題の方もいらっしゃいます。医師や看護師は勿論ですが、管理栄養士や臨床検査技師と連携プレーで患者さんに最善の栄養支援をする目的のチームです。

ここでの薬剤師の役割は、患者さんの投薬による副作用で栄養障害が起こっていないかチェックしたり、栄養剤(高カロリー輸血・経腸栄養等)による栄養管理です。


【ICT活動】院内感染を予防するためのチームです。

病院ということもあり、ウィルスなどの感染が早い特徴もあります。万が一アウトブレイク発生時には、迅速な対応ができるように日頃からスタッフを教育したり、院内巡回を徹底するチームです。

ここでの薬剤師の役割は、院内感染防止のための消毒薬の適正な指導や細菌に有効性のある抗菌薬での耐性菌出現防止のチェックなどです。


【褥瘡対策チーム】患者さんの床ずれ対策チームです。

入院中の患者さんにとって、床ずれはキツイものです。床ずれの原因は一つではありませんし、床ずれした部分を治療すれば問題解決するものではありません。

いかに患者さんの床ずれを防止することができるか、早く治すための最善策や改善策を検討するチームです。ここでの薬剤師の役割は、ドレッシング材傷を保護するためのガーゼや包帯など)や皮膚外用剤薬の適正な使用です。


【疼痛緩和チーム】痛みを緩和する目的のチームです。

患者さんによっては、疼痛の激しい場合もあります。患者さんの痛みを緩和すべく投薬から身体ケアは勿論のこと、精神面のフォローについても各意見を取り入れて打開策を見つけるチームです。

ここでの薬剤師の役割は、疼痛に効果的な薬の情報提供です。また、オピオイドを使用する際は患者さんやご家族へ薬の説明を行います。



チーム医療メンバーの薬剤師には、豊富な薬学的知識が必要です。チーム医療の中で活躍したいけれど、スキルやキャリアに不安を感じているのでしたら「薬剤師専門の転職支援サイト」をご利用されるといいでしょう。

その道に詳しい専門コンサルタントがいますので、ご相談されると的確なアドバイスをしてもらえます。登録は無料ですから、一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。

 薬剤師の求人サイト、おすすめランキング





 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。