薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

ターミナルケア、薬剤師の役割は?

ターミナルケア(終末期医療)とは、末期がんなど治癒困難な患者と家族を対象とする、精神と身体の苦痛を和らげることを目的とした医療のことです。


ターミナルケアは病期の治療や延命ではなく、死への恐怖による「精神的苦痛」や痛みによる「肉体的苦痛」を少しでも減らし、人としての尊厳を保ちな
ら、人間らしい生活を送ることを目指した医療となるため、医師や看護師だけでなく、心理カウンセラーやソーシャルワーカー、薬剤師などによる「チーム」で取り組まれるという特徴があります。

このターミナルケアにおいて、近年薬剤師の担う役割は年々大きくなりつつあり、緩和治療を行う多くの医療チームから、薬剤師の積極的参加が求められています。

またこの数年、ターミナルケアに積極的なアプローチを行っている薬局が増えており、病院薬剤師だけでなく、地域の薬局に勤務する薬剤師が医療チームと連携し、痛みを和らげるための麻薬の管理や供給を担当するといったケースも増えてきています。

最近では、大手ドラックストアが各地域の拠点となる店舗にターミナルケアに対応した無菌調剤室を設置し、社員研修を行ってターミナルケアに特化した薬剤師の育成に力を入れるといった試みも行われています。


また、ターミナルケアでは「医療チーム」と「生活面の支援をするチーム」が患者さんとその家族を支えるのが一般的ですが、この2つのチームそれぞれに、別の薬剤師が参加するというケースも増えてきています。

これは、医療チームの医師と病院薬剤師で薬の処方や投薬の量、組み合わせを相談して調薬を行い、生活支援チームに属する地域の薬局に勤める薬剤師が患者へ薬を届け、服薬管理や投薬を行うといった連携が、スムーズにとれるようになって来たことによります。

このことからも、ターミナルケアにおいて薬剤師がいかに重要な役割を担っているか、伺い知ることができると言えるでしょう。


ターミナルケアにおける薬剤師の役割をまとめると、以下のようなものとなります。

・チームの一員として治療計画立案の段階からスタッフへ情報提供を行う
・痛みを緩和する疼痛緩和の薬物療法において、主導的立場をとる
・患者ごとの専任薬剤師となり、患者とその家族へ情報提供と服薬指導を行う
・地域の薬局などにおいて、緩和ケアのための薬剤や麻薬の管理と提供を行う


薬剤師はターミナルケアにおいて、医師とは違う視点で患者さんや家族の様子を観察できるため、チーム内において大変重要な存在となります。今後、ターミナルケアの分野で薬剤師が活躍する場は、大きく広がっていくことでしょう。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。