調剤薬局は派遣募集も多いです

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

調剤薬局への薬剤師派遣はどう?

調剤薬局に勤務する薬剤師は正社員もいればパートやアルバイトもいて、雇用形態は様々です。その中には、勿論、派遣会社の社員として出向している派遣薬剤師もいます。


昔は病院で診察後、院内でお薬をもらっていましたが、最近では病院では患者さんに処方箋を渡し、患者さんは院外の調剤薬局で処方箋に従ってお薬をもらうという医薬分業が急速化されています。

調剤薬局によっては毎日膨大な量の処方箋を扱うところもあります。そこで、正社員の薬剤師のほかに、派遣やパートという形で薬剤師を補っている現状があります。

ですから、薬剤師派遣が最も多いのは調剤薬局です。


調剤薬局に派遣された場合の主な仕事は、病院から渡された処方箋を持ってきた患者さんに処方箋に従った薬剤を用意して渡すことです。しかし、それだけではありません。薬剤師として患者さんに薬剤の説明をすることも仕事の一つです。

出されたお薬一つ一つに対して患者さんが納得するように、薬効や副作用、服用時間などの説明を分かりやすくしてあげます。

また、処方箋の記載内容に疑問を感じた場合や、患者さんにお薬の説明をしている最中に「その薬は医師から出すとは聞いていない」と言われた場合、速やかに医師に確認する必要があります。


派遣の場合、管理職になることが原則ありませんので、現場の最前線で仕事をすることができます。福利厚生・社会保険の適用は契約内容に準拠されます。勤務時間帯や処方箋の量は地域や薬局によって異なります。

時給に関しては薬剤師派遣は設定が高く、相場は1,800円~2,500円くらいです。地域によって差があるので、人手不足の地域では時給3,000円以上の案件もあります。

ただ、時給は高くでも各種手当てや賞与がないので正社員の薬剤師に比べると年収は低くなります。

薬剤師派遣には契約期間がありますので、契約期間満了になれば別の勤務先に出向することになります。調剤薬局にしても色んな職場を経験できるのでキャリアアップにはなるでしょう。


派遣社員として薬剤師をするのは、トラブルが生じても派遣会社のフォローがあるので気楽な部分があるかもしれません。

しかし、調剤薬局の薬剤師には人材紹介会社を利用して転職している人が多いのも事実です。それには、調剤薬局の薬剤師が売り手市場と言われている状況が少々変化しつつある背景も関係してるのかもしれません。

ですから、派遣薬剤師として一生続けていくのか、将来を見越して正社員になった方がいいのか自分に問いただしてみることも大切です。


その結果、派遣薬剤師の道を進むのも結構ですし、やはり正社員として転職した方がいいという結論が出たのならば、その方向で就活すればいいでしょう。どちらにせよ、自分のライフスタイルに合った選択が一番です。

派遣にせよ転職にせよ「薬剤師専門の転職支援サイト」を利用した方が自分で探すよりは確実に便利です。また、派遣と転職で迷っている気持ちがある場合も、薬剤師事情に精通した専門コンサルタントがいるので、気軽に相談してみて下さい。きっと良いアドバイスをしてくれるでしょう。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。