薬剤師飽和時代が来るって聞くけど・・・

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師のこれから、将来性について

薬剤師のこれからについて、心配している人は多いようです。それは、現在活躍している薬剤師だけではなく、これから薬剤師を目指す人も関心を寄せている事柄だといえます。

それでは、現時点で想定されている、薬剤師の将来性についてご紹介していくことにしましょう。

まず、ここ数年になってよく耳にするようになった、薬剤師の飽和に関してですが、これは避けることができないといえます。特に、都市部ではすでに
飽和状態となっていますし、地方の地域に関しても、徐々に薬剤師の不足が解消されてきていることから、より状況が悪化することが想定されているのです。


ただし、薬剤師の需要が、全くなくなるということではありません。なぜなら、高齢化社会が進むにつれて、在宅医療の需要が増加していますし、一部の調剤薬局ではこのような需要を受け、在宅医療に対応するケースが増えてきているからです。

それだけではなく、バイオ関連の企業や、化学製品を製造する企業などで、薬剤師の募集を行っているケースも増加しつつあります。ようするに、医療に限らず他の分野でも薬剤師のスキルや経験が求められるようになってきているということです。


これらの背景を踏まえた上で言えることは、一昔前とは違い、薬剤師の資格を持っているだけでは、仕事に就くことができないということでしょう。

今までは、資格さえあれば、仕事に就くことができたため、スキルや経験がそこまで重視されることはありませんでした。つまり、仕事ができない人でも、食いつなぐことはできたのです。

しかし、現在は、資格を持っているだけでは、仕事に就くことが出来なくなっています。ということは、薬剤師として働きたいのであれば、専門的な知識や経験だけではなく、その他にも必要となる能力があるということです。

では、現在の薬剤師に求められている能力とは、どのようなものなのでしょうか。それは、コミュニケーション能力だといえます。

患者さんと親密なコミュニケーションが図れるようになれば、より適切な服薬指導が行えるようになるだけではなく、患者さんの情報を引き出すことも可能となります。


そうすることによって、より患者さんの体質や症状に合った薬剤を提供することができるようになるのです。

これは、調剤薬局やドラッグストアだけではなく、在宅医療の現場でも同様のことがいえます。

これらのことから、専門性に欠ける薬剤師はもちろんのこと、コミュニケーション能力が低い薬剤師も、活躍の場が減少していくといえるのです。逆に、スキルや専門性が高く、コミュニケーション能力にたけている薬剤師は、今後も仕事に困ることはあまりないでしょう。


そのため、転職する必要に迫らせることがあっても、今までの実績やキャリアを活かして新たな職場で働くことは可能であるといえます。

とはいえ、条件が良い求人案件は、応募が殺到してしまいますので、薬剤師専門の求人情報提供サービスを利用し、いち早く条件に合った求人へ応募する必要があるでしょう。



 
copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。