派遣薬剤師になりたい!

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

派遣薬剤師として働きたい!

派遣薬剤師もう一度、薬剤師として働きたい。できれば、バイト薬剤師よりもしっかり働きたいけど、正社員になると責任や負担が重くなるので、それは避けたい・・・。

そんな方にオススメなのが、薬剤師派遣という働き方です。正社員に比べて残業が少なく、パート薬剤師よりも時給は高く、また社会保険など福利厚生は正社員並みに充実しています。

ここでは、よりよい派遣の求人条件を入手するための、派遣薬剤師に強い求人サイトを紹介します。是非参考にしてください。

派遣薬剤師に強い求人サイトは?

エムスリーキャリア
業界最大級の求人数を抱える、薬剤師求人支援会社です。派遣の求人案件を数多く抱え、大企業・大病院から中小のドラッグストアまで対応しているため、自分の希望する求人先が決まりやすいのが魅力です。中小の派遣会社ですと倒産・給料不払いの心配がありますが、当社は東証1部の上場企業なので、そうした心配もありません。派遣薬剤師を希望される方は、まず登録しておきたい一社です。

ファルマスタッフ
調剤薬局グループが運営する、薬剤師の求人支援会社です。東証一部の大手企業なので安心感もありますが、何より薬剤師業界に精通している強みを活かして求人先を選別しているため、紹介される求人先は安心して働ける先が多いのが特徴です。派遣薬剤師を志望される方は登録しておきたいですね。

ヤクジョブ
3万件もの求人情報を抱える、薬剤師専門の求人支援会社です。2013年のオリコン満足度ランキング1位を獲得したほどで、利用者の満足度は抜群です。薬剤師派遣を行う会社が少ない中で、数少ない良心的な会社です。派遣希望の方は、チェックしておきたいサイトです。

派遣薬剤師の魅力と、注意点

一度は正社員の薬剤師として働きながらも、結婚や出産、育児や家庭の事情などにより退職を余儀なくされる方がいます。そうした方の中には、一定のめどがついたので職場復帰をしたいと考える人が少なくありません。

ひとつには仕事に復帰することで、仕事のやりがいを感じたいといった理由もあるのでしょうか、それ以外に家計を支えるといった経済的な理由もあります。

そうは言うものの、育児や家事と仕事を両立させるために、正社員時代のようにバリバリと働きたくないと考える方も少なくありません。

しかしアルバイト薬剤師となると、時給も限られてくるため得られる収入も限られてきます。


収入はできるだけたくさん欲しいけれども、育児や家事を犠牲にしたくない。そうお考えの方のためにおすすめなのが、派遣薬剤師という働き方です。ここでは派遣薬剤師の魅力や注意点について説明します



派遣薬剤師の魅力の1つ目は、なんといっても定時に帰れることです。
もちろん正社員の薬剤師でも他の医療業務、例えば看護師に較べれば残業はそこまで多いとは言えませんが、仕事の溜まり具合によってはそれなりの残業をさせられることもあります。

一方で派遣薬剤師であれば、よほど事前に取り決めがない限り、定時に帰れることが普通です。


魅力の2つ目はパートよりも派遣薬剤師の方が時給が高いことです。正社員と違い派遣薬剤師は時給換算で給料計算することになります。当然、時給が高ければ高いほど給料も高くなります。このパート薬剤師との時給の違いは積み重なって大きな収入差になります。


派遣薬剤師の魅力の3つ目は社会保険に加入できることです。
もちろんパートやアルバイト薬剤師でも週に5日勤務していれば、雇用保険の加入義務有りますし、また厚生年金や健康保険に加入することができます。

ですがこれはあくまで原則論で、勤務先の会社の規模が小さければ、こうした福利厚生を用意できない場合も少なくありません。

その一方で、派遣薬剤師としてそうした中小企業で働く場合は、派遣会社からお給料が支給され福利厚生を受けることができるため、充実した社会保険サービスを受けることができます。
これはパートやアルバイト薬剤師には無い大きなメリットです。


魅力の4つ目は、正社員に比て責任を負わなくて済むことです。
責任は重ければ重いほど、仕事に対するプレッシャーも強くなるので、より軽い立場で働きたいと考え方にとってはこれがうれしいメリットです。

 派遣薬剤師に強い求人サイトはコチラ



その一方で派遣薬剤師にもそれなりのデメリット
あります。

デメリットの1つ目は、ボーナスが出ないことです。
これは正社員として働いたことある方には苦痛なことですが、ボーナスが出ないことで年収はかなり変わってきます。


デメリットの2つ目は、パート薬剤師に較べて辞めづらいことです。
正社員ほど責任があるわけではありませんが、派遣薬剤師は基本的に長期間働くことを期待されています。実際に辞めるとなったら派遣先の職場はもちろん、派遣会社にも辞職の意思を伝える必要があります。


デメリットの3つ目は、派遣薬剤師の職場は事実上限られていることです。
正社員の薬剤師であれば病院や企業、 保健所や省庁等、いろいろな活躍の場がありますが、派遣薬剤師となるとドラッグストアか調剤薬局であることがほとんどです。

調剤薬局ならまだしも、ドラッグストアとなるとそれまでの仕事とはかなり異なることも予想され、薬剤師としてのプライドが傷つくと感じる方もいます。


デメリットの4つ目は、契約は更新されないことがあることです。
派遣薬剤師は原則として、長期間働く事を期待されていますが、契約上においては3ヶ月ごとに更新するというスタイルになっています。

ですので雇用者側としては、 3ヶ月で解雇する権限を持っていることになります。
派遣薬剤師が契約を更新されない事はそう頻繁にはありませんが、仕事の安定と言う意味では正社員とはくらべものにならない、という点は理解しておくべきです。


以上は派遣薬剤師の魅力と注意点ですが、どの派遣会社でもいいというわけではありません。

先ほども書いたとおり、派遣会社から給料や福利厚生が支給される以上、ある程度の大企業で良心的な会社であることが望ましいです。
薬剤師から見てオススメの派遣会社を紹介していますので、よかったら参考にしてください。

 派遣薬剤師に強い求人サイトはコチラ


copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。