薬剤師のキャリアアップを図るなら

薬剤師の転職サイト、おすすめ人気ランキング!

薬剤師のキャリアアップ・給料アップについて

薬剤師の方が働く理由はそれぞれです。

一度は正社員として働きながら結婚や出産などの理由で退職し、家計を助けるためや社会との接点を持ちたいという理由で、パート薬剤師として復帰する方も多いかもしれません。

その一方で、バリバリと働いて給料アップやキャリアアップを図りたいと考える薬剤師の方もいます。

ここでは、そんな方のために、薬剤師のキャリアアップや給料アップの方法に焦点を当てて説明します。


薬剤師のキャリアアップ

まずキャリアアップについてです。

薬剤師のキャリアアップの方法の1つ目は、認定薬剤師や専門薬剤師を目指すことです。認定薬剤師は特定のジャンルに特化した薬剤師のことで、一定期間の研修を経てなることができます。

認定薬剤師なれば自分の専門となる分野についてのレポートを提出したり、より専門的な意見が周囲から求められるようになります。


専門薬剤師は認定薬剤師よりもワンランク上の資格で、認定薬剤師になった方だけが目指すことができます。こちらも一定期間の研修が必要で、資格を取得するためには加えて専門の論文を提出する必要があります。

こうした特別な資格は、他の薬剤師との差別化につながるものですが、その一方で必ずしも収入アップにつながるとは限りません。

ですが職場内での評価が高まったり、仕事の幅が広がることも予想されるので、興味のある方は検討してみてください。



キャリアアップの2つ目は、 病院や会社内、調剤薬局といった自分が働く職場で出世を目指すことです。組織内で出世すれば、そのまま収入アップにもつながります。

ただし薬剤師の場合は高い地位に上ることで現場から離れ、薬剤師としての仕事ができなくなる可能性がありますのでその点はご注意ください。

ここでのキャリアアップは地位向上のことで、スキルアップという意味ではありません。


キャリアアップの3つ目は、病院や製薬会社に転職することです。残念ですが、調剤薬局やドラッグストアといった職場で、薬剤師としてのスキルを磨く事は難しいのが現状です。

ですが病院や製薬会社で働くことで、 最先端の製薬・薬学を学ぶことができ、より専門知識を高めることができます。


キャリアアップの4つ目は、英語を磨くことです。英語を磨くことでコミニケーションとしての幅が広がり、外資系の製薬会社に転職しやすくなります。また海外の英語論文読む上でもこうした英語スキルは立つはずです。


以上は薬剤師としてのキャリアアップについての方法ですが、次に給料アップの方法について紹介します。

薬剤師の給料アップについて

給料アップもキャリアアップに似てるのですが、 1つは(病院勤務の方限定ですが)病院に長く勤めることです。

特に国立病院や公立病院であれば、定年まで勤めれば一般の薬剤師給与に較べて、300万円程も違うといわれています。

これは給料が上がりにくいとされる薬剤師業界においては、非常に大きな違いです。


2つ目は、管理薬剤師になることです。
管理薬剤師とはその名の通り、薬剤師を束ねて管理業務を行うことで、職場によって違うのですが年収で50万円から100万円ほどアップすることが普通です。


三つ目は、製薬会社や給料の高い職場に転職することです。
ここでの注意点は、製薬会社はかなり狭き門なので応募しても簡単に入れるものとは限りません。

また給料高い職場としてドラッグストアや調剤薬局があるのですが、これも地域の薬剤師の不足状況によって大きく変わってきますので、詳しくは薬剤師転職のためのエージェントに確認した方が確実でしょう。


以上、薬剤師のキャリアアップや給料アップについての方法を紹介しました。詳しくは下記の記事でも紹介してますのでよかったら参考にしてください。

薬剤師のキャリアアップ・給料の記事一覧

薬剤師のおすすめの転職サイトは?

以上が薬剤師のキャリアアップ・給料アップについての記事です。現状のお給料に不満があるか、今後のキャリアアップに展望が持てない方は、一度転職を考えてみてもいいでしょう。

下記では、薬剤師のおすすめ転職サイトを紹介していますので、よかったら参考にして下さい。

 薬剤師、転職サイトの人気ランキング


copyright 2012 薬剤師の求人・転職サイト、おすすめ人気ランキング!All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。